「受験」する意味~大人の立場から①~

ジェラーです!

 

 

前回までの2回は生徒の視点から、 「受験」する意味を書いてきました。

 

 

これを含めてまだ「なぜ受験が必要なのか」を見てない方は
こちらをクリックして順番に見てください!

 

 

では今回は大人の立場から「受験」する意味について話していきます。

 

 

とはいえ、僕はまだ大学生なのであまり体験に基づく話は出来ないので、
今回は一般的に言われることが中心になりますね。

 

 

今回の「大人の立場」からというお話ですが、
それは二つの話に分けることができます。

 

自分が大人になったら「受験」がどのように役立つかという側面と、
社会に出た後、周囲が大人ばかりという状況で、
「受験」がどのように役立つかという側面です。

 

 

今回は前者について書いていきます。

 

 

前回まではあくまでも大学に入学してからの、
「可能性」というものに注目して書いていきました。

 

ですが、それは何も大学生活が終わったからといって、
「受験」の与える影響がなくなるわけではありません。

 

むしろ、より大きなものになっていきます。

 

 

例えば、仕事。

 

就職活動を経て、企業に就職したとします。

 

最近では能力主義的な企業も出てきていますが、
それでもいまだに年功序列の企業が多いです。

 

そんな中で出世という大きな問題に直面していくわけですが、
やはり「受験」を勝ち抜いて、学歴を手にしてきた人の方が、
圧倒的に有利です。

 

そして最終的な生涯年収に関して学歴がある人と無い人を比較すると、
やはり学歴がある人の方が断然上です。

 

 

もちろんお金だけが全てとは言いませんが、
それでもお金が強い力となる、資本主義社会において、
このような観点を無視することはなかなかできないでしょう。

 

 

また、お金が絡んでくるということは、
仕事以外のその他の生活面でも関わってきますよね。

 

例えば婚活市場では少なくとも男子は、
学歴と年収が重要視されますし、
実際に学歴を得た人の方が、
過ごしやすい環境を作ることができるのではないでしょうか?

 

そもそも生活が安定していないことには、
個人がそれぞれ自分のやりたいことや、
幸福を追求することはできないですからね。

 

 

今回はこのように金銭面をメインに「受験」を見てきましたが、
実際に自分の将来の事を想像することで、
見えてくるものは必ずあると思います。

 

これまでの記事を読みながら、
少しずつ考えてみてくださいね!

 

 

では今回はこの辺で!

 

 

次は後者の、
社会に出て、周りに大人に囲まれたときに、
「受験」がどのように役立つのかについてです。

 

関連記事はこちら:

コメントを残す

サブコンテンツ

お勧めの参考書抜粋

【送料無料】システム英単語改訂新版...

【送料無料】システム英単語改訂新版...
価格:1,050円(税込、送料込)

【送料無料】現代文読解力の開発講座新...

【送料無料】現代文読解力の開発講座新...
価格:1,050円(税込、送料込)

【送料無料】数学1・A基礎問題精講四訂...

【送料無料】数学1・A基礎問題精講四訂...
価格:1,155円(税込、送料込)

このページの先頭へ