このブログについて

こんにちは!

 

ジェラーです!

 

今回はこのブログについて説明させてもらおうかなと思い、記事にしようと思います。

 

 

現代の日本は長いゆとり教育が実施され、子供の学力が低下してきているとされていました。

それはおそらく間違いないでしょう。

昔に比べて子供の平均勉強時間が減っていることや、学校の授業数が減っているなかそうした傾向は避けられません。

 

ですが、その一方である一定水準を超えた、いわゆる難関大学と呼ばれる大学の入試は相変わらずの狭き門です。

 

つまり、勉強ができる生徒とできない生徒の二極化がこのゆとり教育によって進んでいるのです。

そして現在の日本は以前にも増して学歴社会の様相を呈しています。

そんな状況ですから、大学入試というのは、人生を大きく決めてしまうイベントであると完全に否定するのは困難でしょう。

これは多少言い過ぎかもしれませんが、少なくとも一般的に良い大学に入る方が将来の可能性が広まることは間違いのない事実です。

 

前置きが長くなりました。

ゆとり教育と学力の二極化を例に出したのは理由があるのです。

このゆとり教育の影響で、固定化された学習時間が減少した一方で、以前と比べても難関大の難易度は高いままだとお伝えしましたが、
これは学校外の学習時間がどのように蓄積してきたかで差がついていると説明することができます。

 

つまり、今まであまり勉強をしてこなかった人が、これまでしっかり勉強を積み重ねてきた人に勝つのはより困難になっているということです。

そして、それがそのまま自分の将来に影響してしまうわけです。

 

ですがこれから勉強しようと思っている方は今更過去のことを気にするわけにはいきませんよね?

 

こうしたそもそも始まりが不利な状況にある人は、今まで真面目にやってきた人と「同じように」勉強しても、その差を埋めることはできません。

 

しかし本人がこの大学にどうしても行きたい、何とかして自分の人生を変えたい、そのように思っている方々をこうしてゆとり教育のせいだけにするのはどうかと思うのです。

 

そこでこのブログの登場です。

先ほど真面目にやってきた人と「同じように」とお伝えしましたが、
ここから逆転合格を目指す人、また急激に成績を伸ばしたい人、ぎりぎりではなく余裕をもって合格の切符を掴みたい人…。

そういった方々に適切な勉強法を提示することができている人はあまりいません。

それがそのまま勉強ができる人とできない人の二極化につながっている一つの要因だと思います。

 

それが少しでもなくなるように、正しい勉強法をお伝えしていくことで、いざ自分が本気になった時に、余計な通り道をしないように、
そして自分の努力が確実に結果に表れるように、今後「最強」の勉強法をお伝えしていこうと思います。

具体的には、各科目の勉強法はもとより、適切な参考書選択、また予備校や塾について、
また受験におけるマインド面、そして実際に経験した人にしか分からない情報まで、
それらが独りよがりな情報とならず、受験のバイブルとなれるように今後記事を書き、まとめていくつもりです。

 

ぜひ参考にしてもらって、まっすく自分の進みたい道を歩んでいってください!

 

 

では今回はこの辺で!

 

 

関連記事はこちら:

コメントを残す

サブコンテンツ

お勧めの参考書抜粋

【送料無料】システム英単語改訂新版...

【送料無料】システム英単語改訂新版...
価格:1,050円(税込、送料込)

【送料無料】現代文読解力の開発講座新...

【送料無料】現代文読解力の開発講座新...
価格:1,050円(税込、送料込)

【送料無料】数学1・A基礎問題精講四訂...

【送料無料】数学1・A基礎問題精講四訂...
価格:1,155円(税込、送料込)

このページの先頭へ