「勉強量」×「効率」で「結果」を生む

こんにちは!

 

ジェラーです!

 

 

前回までの2回で「勉強量」と「効率」の
お話をしました。

 

 

前回までの記事はこちらから↓↓↓

 

戦略編~前提となること

 

 

 

では今回はそのまとめです。

 

 

受験勉強をしていく上で大事なことは、
「勉強量」と「効率」です。

 

 

「勉強量」は文字通りそのままの意味ですね。

 

一方「効率」は、勉強の速度だったり、
適切な勉強法を知り、正しいベクトルで勉強を進めることでした。

 

 

さて今日は皆さんに、
「勉強量」と「効率」どちらを重視して勉強してきたか
ということです。

 

言い換えるなら、
これまで「勉強量」で成績を伸ばしてきたのか、
それとも「効率」重視で勉強してきたのか、
このどちらなのかです。

 

 

あなたはこのどちらのタイプに当てはまっていますか?

 

 

 

 

僕は間違いなく「効率」を重視するタイプでした。

 

それはあまり努力することができない人間だったので、
極力「効率」を重視してそこを補おうという考えから、
そのような勉強を進めてきました。

 

 

ですが、この「勉強量」と「効率」はどちらも
必要なことなんです。

 

前回の記事のAさんとBさんの話の例えから考えても、
それは分かることだと思います。

 

 

どちらも欠けているのはまあ論外として、
どちらか一方が欠けていたら、
それだけ「合格」の可能性が低くなります。

 

 

そのためまず自分が、
「勉強量」が少ないタイプなのか、
それとも「効率」が悪いタイプなのかを把握して、
不足している方を補っていくことが大切です。

 

 

「勉強量」が足りない人は、
勉強に移せない理由は何なのかを考えて、
その対策を講じるようにしてください。

 

特に「勉強量」が足りない人は、
自分に甘くなる傾向にあるので、
とにかくモチベーションを維持して、
毎日継続して勉強することが非常に大切です。

 

 

一方「効率」が悪い人は、
まず根本的に正しい勉強の方法を知らない人が多いです。

 

そういった人は特にこのブログ、
「半宅浪の二浪慶應生ジェラーが教える、最強の受験勉強法」
を活かしてほしいと思います。

 

 

このように自分の足りない所を自覚して、
そこを補っていくということは、
今後とても大事になってくるので、
まずは「勉強量」と「効率」について、
自分なりに考えてみて、勉強に活かしていってください。

 

 

では今回はこの辺で!

 

関連記事はこちら:

コメントを残す

サブコンテンツ

お勧めの参考書抜粋

【送料無料】システム英単語改訂新版...

【送料無料】システム英単語改訂新版...
価格:1,050円(税込、送料込)

【送料無料】現代文読解力の開発講座新...

【送料無料】現代文読解力の開発講座新...
価格:1,050円(税込、送料込)

【送料無料】数学1・A基礎問題精講四訂...

【送料無料】数学1・A基礎問題精講四訂...
価格:1,155円(税込、送料込)

このページの先頭へ