2014 慶應経済入試総評

ジェラーのメルマガ購読はこちらから!

最も良質な情報を一番早く受け取ることができます!

二浪慶應生ジェラーの最強の受験メルマガ

 

 

こんにちは!

 

 

ジェラーです!

 

今日は慶應経済の入試と早稲田文の入試が行われました。

 

 

受験生の方はお疲れ様でした!

 

 

さて僕は慶應経済の学生なので、
慶應経済の今年の出題について軽くまとめたいと思います。

 

 

 

さて今年は数学が難化したみたいですね。

 

 

それを聞いて早速問題を確認しました。

 

 

まず形式自体は昨年一昨年と大差なく、
前半3題がマーク、後半3題が記述でした。

 

 

さて問題を見ていくと、
おそらく最初のベクトルでつまづいた人が多かったでしょう。

 

まあ(2)は典型と言えば典型なんですが、
慶経の数学は簡単だと思い込んでいた人なんかは、
ここで調子が狂わされたと思います。

 

他のマーク部分も難しくなった印象はありますね。

 

 

では後半の記述部分ですが、
どの設問も実力差がしっかり表れるような出題だったと思います。

 

 

4は、最初の設定でとまどった人が多かったと思いますし、
5は、おそらく国公立2次を意識して勉強してきた人と、
センターレベルまででとどめていた人では、
かなりの差の開きがあるでしょう。

 

6もよく見るタイプの証明問題ですが、
まあ時間の関係上最後は解き切れなかったかもしれませんね。

 

 

さて数学全体では確かに昨年一昨年よりは、
難化していたと思います。

 

 

ですが元々の慶應経済の立ち位置や受験層のレベルを考えるなら、
より適切な問題の難易度に近づいたように思いますね。

 

 

ここ2年は満点続出でしたが、
しっかり実力によって得点が変わる出題になったと思います。

 

 

 

一方英語ですが、
これは相変わらずの難易度でしたね。

 

 

長文は2題でしたが、総分量は相変わらずかなりのものでしたし、
英作文はいつもの通りかなり難しかったと思います。

 

 

やはりまずは長文がどれだけ取れているかが、
合否に大きく左右しそうです。

 

 

最後に小論文ですが、
昨年は「異同」の意味だったりで、
設問に対して色々意見がされていました。

 

 

そういった面では出題がスタンダードなものだったので、
昨年ほどの混乱はなかったと思います。

 

 

ただ文章のテーマが昨年と比べてとらえにくいと感じた人が多いはずなので、
結果良い感じに得点がばらけると思います。

 

 

とはいえ配点は70点しかないので、
相変わらず英数勝負になるとは思いますが(笑)

 

 

 

さて全体ですが、
今年は英数どちらもしっかり対策していないと、
合格は難しいバランスのとれた出題だったと思います。

 

 

もちろんこの難易度でどちらか極端に出来るのなら、
それでも合格圏に入りますが、
英数ともに地道に勉強していった人なら合格できますし、
一方何か苦手を残したまま受験した人はかなり苦しい状況になったと思います。

 

 

一応これが簡単に見た今年の慶應経済の問題についてでした。

 

 

残り受験が残っている人は最後頑張ってください!

 

 

現在ブログランキングに参加中です。

ぜひクリックして協力してください!


大学受験 ブログランキングへ

こちらもお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

 

 

関連記事はこちら:

One Response to “2014 慶應経済入試総評”

  1. […] (クリック→)「2014 慶應経済入試総評」 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

お勧めの参考書抜粋

【送料無料】システム英単語改訂新版...

【送料無料】システム英単語改訂新版...
価格:1,050円(税込、送料込)

【送料無料】現代文読解力の開発講座新...

【送料無料】現代文読解力の開発講座新...
価格:1,050円(税込、送料込)

【送料無料】数学1・A基礎問題精講四訂...

【送料無料】数学1・A基礎問題精講四訂...
価格:1,155円(税込、送料込)

このページの先頭へ