明日は早稲田商学部!

ジェラーのメルマガ購読はこちらから!

最も良質な情報を一番早く受け取ることができます!

二浪慶應生ジェラーの最強の受験メルマガ

 

 

 

こんにちは!

 

 

ジェラーです!

 

 

さて慶應の入試は明日の医学部で最後で、
早稲田は商学部の入試です。

 

 

明日早稲商を受ける方も多いと思いますので、
簡単に最後確認しておくべきことを書いておきます。

 

 

まず受験科目は英語、国語が必須で、
地歴、数学から一つ選択です。

 

 

例年早稲田商学部の入試は、
英語と国語が比較的平易で、地歴数学が難しいという傾向があります。

 

 

なので、まず英語と国語はしっかりとるようにしてください。

 

 

確実に合格を目指すなら、
難易度によって多少の前後はありますが、
素点で英語60点、国語45点くらい欲しいですね。

 

 

この二科目は他の早稲田や慶應の学部と比較すると、
時間的なゆとりは比較的多いので、
全ての問題を確実に解いていきましょう。

 

 

そして問題の地歴や数学ですが、
地歴に関してはいまさら特にいう事がないので、
これまでの知識をしっかり発揮していってください。

 

 

もし迷った選択肢とか出てきても、落ち着いて、
まずは確実に違う選択肢を消していくなど、
落ち着いて対処するのが大事です。

 

 

そして問題の数学です。

 

 

大問は3つで、Ⅰが小問集合、ⅡⅢが記述の問題です。

 

 

それぞれ配点がおそらく20点ずつですが、
相対的に簡単な小問集合は確実に取りたいところです。

 

 

昨年は易化したので何とも言えませんが、
例年通りの難易度だと小問集合を4問全てとるだけで、
平均点を超えることができます。

 

 

その上で残りの問題に取り組んでいくわけですが、
おそらくⅡの方が簡単でⅢの方が難しいです。

 

 

人によって難易度の感じ方は変わってくるので、
まずどっちが取りやすそうなのかを冷静に見極めてください。

 

 

その上で難しいと考えた方は(1)などの簡単な問題で切り上げるなどして、
比較的取りやすそうな問題の完答を狙うのが良いと思います。

 

 

万が一どちらも分からないのであれば、
確実に取れる部分を確保したうえで、
小問集合を絶対に合わせるなど臨機応変に対応しましょう。

 

 

平均点が20点を下回る年なんかは、
半分も取れれば標準化の関係で、一気に得点が伸びますので、
とにかく冷静に柔軟に解きましょう。

 

 

試験時間は90分と比較的長いので、
こういった対応が勝敗を分けると思います。

 

 

一応早稲田の商学部に関してはこんな感じです!

 

 

私大入試も大詰めになってきました。

 

 

最後まで全力で戦い抜きましょう!!

 

 

 

では今回はこの辺で!

 

 

現在ブログランキングに参加中です。

皆さんのおかげでトップ10入りを果たしました!!

本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

どうか今日もご協力ください。


大学受験 ブログランキングへ

こちらもお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

 

 

関連記事はこちら:

コメントを残す

サブコンテンツ

お勧めの参考書抜粋

【送料無料】システム英単語改訂新版...

【送料無料】システム英単語改訂新版...
価格:1,050円(税込、送料込)

【送料無料】現代文読解力の開発講座新...

【送料無料】現代文読解力の開発講座新...
価格:1,050円(税込、送料込)

【送料無料】数学1・A基礎問題精講四訂...

【送料無料】数学1・A基礎問題精講四訂...
価格:1,155円(税込、送料込)

このページの先頭へ