全統記述模試に関して

ジェラーのメルマガ購読はこちらから!

最も良質な情報を一番早く受け取ることができます!

二浪慶應生ジェラーの最強の受験メルマガ

 

こんにちは!

ジェラーです!

 

5/18(日)に河合塾の全統記述模試の一般受験日だったということで、この記述模試を受験した人は多かったと思います。

 

河合塾を始め、駿台、代ゼミ、東進など、各予備校が様々な模試を開催していますが、この全統記述模試は最も有名な模試の一つですね。

 

僕も現役時や1浪時に受験しましたし、僕の生徒には必ず受験するように伝えています。

 

さて今後このブログにてより詳細に模試の種類や受けるべき模試などを書いていこうと思っているんですが、今回はなぜこの模試を生徒に受けさせるのかについて書いていきます。

 

まず簡単に触れておきたいことなんですが、現在の入試の大半は、
基本・標準レベルの問題で構成されています。

 

もちろん中には難しい問題、応用問題や発展問題も含まれていますが、それらが大半を占めるということはまずないですし、多くは基本・標準的な問題です。

 

そのため大して基礎学力がない状態で難しいことに挑戦するという行為は全く意味のないもので、どれだけ基礎学力を充実させるかで、合否が変わってくると言えますね。

 

そんな現状ですから、模試を受験するにあたって、幅広く基礎学力が身に付いているのかを確認できるものを受験するのが望ましいです。

 

そして今存在する模試の中で最もその目的を果たせる模試が、河合塾の全統記述模試だというわけです。

 

この模試の特徴は、

①基本・標準レベルを幅広く確認できる

②出題範囲が現役生に配慮されている

③受験する人の母数が最大のため、正確な偏差値が出る

 

こういった特徴が挙げられますね。

 

実際しっかり勉強してきている人はかなり良い結果出せる模試だと言えますし、それがそのまま入試に直結してくるので、東大等の最上位層を除けばこれを受験しない手はないですね。

 

ぜひこの模試を一つの目標にして、勉強していってほしいと思います!

 

ちなみにしっかり基本・標準レベルを抑えていれば、このくらいの成績まで出せます。

 IMAG0445

これは僕の1浪時の第三回の記述模試の成績です。

全ての科目で偏差値70を超えたのがこれが初めてだったので非常に嬉しかったのを覚えています。

正しい勉強をすればこのように成績が伸びますから、頑張ってほしいです!

 

またこのような成績をとって志望校に受かるためには、僕の受験指導を受けるのが最も効率が良く、確実な方法なので、ぜひ考えて頂けたらと思います。

 

クリック→生徒募集のお知らせ

 

では今回はこの辺で!

 

現在ブログランキングに参加中です。

1日1クリックして協力してください!


大学受験 ブログランキングへ

こちらもお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

関連記事はこちら:

コメントを残す

サブコンテンツ

お勧めの参考書抜粋

【送料無料】システム英単語改訂新版...

【送料無料】システム英単語改訂新版...
価格:1,050円(税込、送料込)

【送料無料】現代文読解力の開発講座新...

【送料無料】現代文読解力の開発講座新...
価格:1,050円(税込、送料込)

【送料無料】数学1・A基礎問題精講四訂...

【送料無料】数学1・A基礎問題精講四訂...
価格:1,155円(税込、送料込)

このページの先頭へ