受験計画を立てる際に気を付けたい3つの注意点

ジェラーのメルマガ購読はこちらから!

最も良質な情報を一番早く受け取ることができます!

二浪慶應生ジェラーの最強の受験メルマガ

 

こんにちは!

ジェラーです!

 

前回は計画の立て方を動画を用いて説明しました。

 

まだ見てない方はこちらからご覧ください。

クリック→「効果的な計画を立てる3つのポイント~逆算~」

 

高校生、受験生の中にちゃんとした受験計画を立てられている人は思ったよりも少ないように感じます。

なので、前回の記事を見てくれた人はそれだけで他の人と大きな差を生みだしているはずです。

 

しかし計画を立てる時に気を付けたい注意点が多くあるので、今日ここで皆さんに理解してもらおうと思います。

 

先にその注意点をまとめておきましょう。

計画を立てる際の注意点は、

①実行>計画!必ず自分が実行できるような計画を立てること

②計画は常に崩れていく、絶えず修正すること

③ゆとりのある計画を立てること

です。

 

よく分からない所もあると思うので、順番に解説していきましょう。

 

①実行>計画!必ず自分ができるような計画を立てること

まず当然ですが、計画を立てても実行しないと意味がないのは皆さんも分かっているでしょう。

計画は実行してこその計画なのです。

しかし自分が実行できないような計画を立てていても意味がありません。

実行が伴って初めて計画の価値が生まれるのです。

 

②計画は常に崩れていく、絶えず修正していくこと

前回の記事で逆算して受験までに何が必要なのかを考え、月ごとに分類して計画を立てるのが良いと書きました。

しかし月によっては目標を達成できないこともあるでしょう。

そのため定期的に計画を見直し、自分の得意や不得意や、勉強の進み具合によって計画を修正していくことが非常に大事です。

特にここで気を付けたいのがこれまで何度も言ってきた、【完璧主義】の人。

 

完璧主義の人ほど計画が狂ったらそこでやる気をなくしてしまう人が多いです。

しかし、そもそも計画と実行することは別物なんです。

むしろ計画は崩れるものだと思って、絶えず計画を修正するといった臨機応変な対応が必要です。

 

③ゆとりのある計画を立てること

ちょっとここは解説が必要ですね。

まず計画は実行が伴ってこその計画であり、実行できないような計画に価値はありません。

だから自分がどの程度勉強できるのかを考えた上で計画を立て、絶えず修正していくことが大事だといいました。

 

他方で皆人間ですから、例えばその日すごく調子が悪かったり、急に予定が入ってあまり勉強できなかったりと、そういった事はよくあるでしょう。

それに対応するために、きつい計画を立てるのは控えるべきです。

その週にやるべき内容が決まったら、あとは日ごとに何をやっていくのかを考えて実行するわけですが、

特に毎週必ず調整日を設けるようにしましょう。

 

不足の事態に対応できるように調整日を設けておくことで、遅れをそこで取り戻したり、うまく勉強が進んでいれば更に全範囲の復習をしたりと、色々な使い方ができるようになります。

 

以上を再度まとめると、

①実行>計画!必ず自分が実行できるような計画を立てること

②計画は常に崩れていく、絶えず修正すること

③ゆとりのある計画を立てること

です。

 

特に計画は受験でも大きな鍵を握る部分です。

自分なりの計画を立てて、あらかじめ決まっている入試日に向かって一歩一歩前進してほしいと思います。

 

今回は以上です!

 

 

現在ブログランキングに参加中です。

1日1クリックして協力してください!


大学受験 ブログランキングへ

こちらもお願いします

 にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

関連記事はこちら:

コメントを残す

サブコンテンツ

お勧めの参考書抜粋

【送料無料】システム英単語改訂新版...

【送料無料】システム英単語改訂新版...
価格:1,050円(税込、送料込)

【送料無料】現代文読解力の開発講座新...

【送料無料】現代文読解力の開発講座新...
価格:1,050円(税込、送料込)

【送料無料】数学1・A基礎問題精講四訂...

【送料無料】数学1・A基礎問題精講四訂...
価格:1,155円(税込、送料込)

このページの先頭へ